アクセスカウンター  








無料カウンター





 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


自然と生活施設がほどよく融合した都市「越谷」

越谷市は埼玉県の南東部に位置した特例市で、県内の中核都市の一つとなっています。 江戸時代から日光街道第三の宿場町として発達してきました。東武伊勢崎線とJR武蔵野線が通っています。東京都心から北へ約25kmという地理的環境にもあって、東京のベッドタウンとしても機能しています。また「国民健康保険発祥の地」でもあります。
 地形的な大きな特徴としては、ほとんど山林に面しておらず、多くが平野であるところです。しかし、だからこそ、元荒川・中川・古利根川など、多くの河川が流れていて「水郷のまち」とも呼ばれているのです。米や野菜を中心とした農業も盛んに行われています。「越谷のシラコバト」といわれるのは、天然記念物のシラコバトがかつてはこのあたりにだけ生息していたからです。
 大型ショッピングセンターも充実しています。新越谷駅と南越谷駅の周辺が商業の中心ですが、越谷レイクタウン駅前には、店舗数700以上、1万台以上収容可能な駐車場、7千台以上収容可能な駐輪場を備えた、日本最大でアジアでも有数の大規模SC「レイクタウン」があります。
 娯楽や文教施設も充実しています。「しらこばと水上公園」は、埼玉県内の4つの水上公園では最も広く、プール、フィッシング、自転車、ミニゴルフ、卓球場、電動カーなどの遊具も充足していて子どもたちは大満足です。「元荒川堤」は、春には桜並木で彩られ、夏には花火大会があります。「越谷市科学技術体験センターミラクル 」は、入場無料で、月面の無重力体験ができる「ムーンウォーカー」が大人気です。
 このように越谷市は、適度に栄えた商業地と恵みある自然がほどよく融合した生活しやすい都市です。


越谷市の特産物は越谷ダルマといった土産物のほか、特産ブランドとして小松菜、チューリップなどもあります。
県南部は近年急速に各開発が進められており、越谷市も今後の発展に期待が持てる地域と言えるでしょう。

越谷情報

越谷には、久伊豆神社が計8社あります。その中でも中心的な役割を果たしているのが越ヶ谷久伊豆神社です。
鎌倉時代に完成し、植えられている藤は天然記念物です。
1837年に国蔵という人物が、流山から樹齢50年を超える藤を運び移植しました。
ホントはこんな所 越谷

越谷には長い歴史を感じることの出来る様々な古い建物が残されています。大相模不動尊大聖寺は750年に開基された特に歴史と伝統のある寺院です。
元々は不動院でしたが、家康から寺領を賜ったことにより大聖寺と名前が変わりました。
越谷で遊ぼうよ

越谷市で名物として挙げられるのが、こしがや鴨ネギ鍋です。葱が多く生産されており、市内には宮内庁埼玉鴨場もあるので葱と鴨という組み合わせが生まれました。
地域ブランドとして育てていこうと関係者が努力しているので知名度は上がりました。現在では市内にはこしがや鴨ネギ鍋を提供しているお店が10店舗以上あります。
越谷で鴨ネギ鍋

Copyright (C) nnh.f-counter.com. All Rights Reserved.